top of page

AI(人工知能)とコンサルティングの未来

最近注目を集めているChatGPTは、OpenAIによって開発された大規模な言語モデルで、人工知能による対話を可能にする。

2022年11月のリリースからたった2ヶ月で1億人の利用者を突破し、その能力はアメリカ司法試験の上位10%に匹敵する。

ChatGPTは自然言語処理の技術を活用し、人工知能として進化を続ける。GPT-3.5は1,792億のパラメーターを持ち、自然言語生成、文章補完、質問応答、翻訳などのタスクに対応し、非常に高い性能を発揮。さらに、2023年3月15日にリリースされたGPT-4.0は、驚異的な100兆を超えるパラメーターを持つと言われている。

進化し続けるChatGPTは、さまざまなブラウザーツールにプラグインすることが可能で、最新の情報に常にアクセスすることで、その結果の正確性はますます向上している。

今後は、人材育成プログラム、市場分析、事業再構築、他業種への転換、経営資源の活用など、さまざまな業種や分野でAIの活用が期待されている。


先日、顧客からのフィードバック、決算書等を基にChatGPTにShowMe、WebPilotなどのツールをプラグインし、事業計画書を作成したが、数値計画、グラフ、組織図なども入れ、簡単に実現することができました。


以下の動画はHeygenで作成したAIアバターです。


閲覧数:35回0件のコメント
bottom of page